残業代請求で困った事があればまずは法律事務所に相談!

清潔感のあるデスク

残業代請求にも時効があるので早めに弁護士に相談しましょう

部屋で作業

労働者が働いた分の賃金を支払うというのは会社としての義務ですが、残業という本来の業務時間を超過した部分での賃金については、会社によっては支払いを避けようとする向きがあります。企業によっては就業規則に事前に残業代について明記している場合もありますが、中には明確でないのに残業代が未払いになっている企業というのも多く存在しています。こうした場合に労働者は、残業代請求を行う事で、未払い分の残業代を支払ってもらう事が可能です。
残業代請求は労働者の権利として認められている物なので、お世話になっている会社だからと遠慮せずに堂々と請求する必要があります。残業代請求は身近な問題として多くのケースが発生しているため、残業代請求を得意としている弁護士も大勢いるので、そうした弁護士の在籍する法律事務所に相談すると解決がスムーズです。相談料は無料の所も多いので、気になる方はとりあえず相談してみるといいでしょう。
ただ気を付けたいのは残業代請求には時効があるという事です。この場合の時効とは遡って残業代を請求できる期間が定まっているという事で、原則として2年以内と定められています。そのため残業代請求はなるべく早めに行わないと、せっかく請求が通っても全ての残業代が支払われない可能性もあるので気を付けて下さい。